1st album

『ノーマル・ポジション』

2014.12.17 on sale!

「この聴き捨てならない2015年のためのエレクトリック・ポップスは

“sayoko house”から生まれた、という一文をSayoko-daisyに捧げます。

だって本当にそうなんだもん。

(ライナー・ノーツより)

 

―松永良平(リズム&ペンシル)

 

Listener's comment

ご試聴いただいた方からコメントをお寄せいただきました。ありがとうございます!

(敬称略、順不同)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

どうやら自分のからだの細胞すべてが、この音楽を好きだと叫んでいるようです。聴きながらずっと興奮して震えが止まりませんでした。もっともっと聴きたいです。何度でも。

 

-ショック太郎(blue marble)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

カセットテープってメタルとかハイポジションとかじゃなくていつもノーマルポジションばっか買ってた。 親しみやすいんですよ。 価格も録音時間も劣化具合も。 あとテープの伸び具合もね。 Sayoko-daisyってメタルとかハイポジションとかじゃなくて...


渡辺デニム(U-Sen For Cafe Apres-Midi/ドリンクバー凡人会議)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

テクノ歌謡とかソフト・ロックとかそういう論点よりも『ただ、まっとうで誠実な音』。一人の女性の信念がある。
彼女の世界観があって、自然とそれに共鳴するゲスト・ミュージシャンも集まってきて、Sayoko-daisyという物語になって。

 

森豊和(COOKIE SCENEライター/精神科医)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

どのような音楽ジャンルにしろ、ルーツに対する尊敬と畏怖をもって作られたものには、作った人の誠実さ真摯さが現れるし、そのような誠実さ真摯さというものは必ず表現に深みを与えるものです。Sayoko-daisyさんの音楽は、彼女が愛してきた音楽への無邪気な憧れと、そこに無闇に近づくことへの畏れが、誰のものでもない、彼女自身の研ぎ澄まされた表現となり磨き上げられた音の結晶へと高められています。

Sayokoさんの音楽はそのことだけでも強烈に魅力的なんですが、前情報として入ってくる、三重県、主婦、宅録、というなんだかリアルな生活感が、その求道的で高度な音楽性と事故っていて、眩暈がしてくるんです。

うまく説明できないけどポップスてそういうことかな、と。

 

―松尾“MOTORS”宗能(Parks / C.I.T.Y. /ドリンクバー凡人会議)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

「天才」ってあんまり言われたくない、使っちゃいけないのかもしれないけど、やっぱり、思わず「天才。。。」って言葉が溢れてしまいます。
すごくナチュラルに響くメロディーと譜割り、声の艶とかピュアさとか硬さ柔らかさとか、もういろんなものがツボの連続。。。
それはただただ「好き」としか言いようがない。

もしかしたら彼女は1980年頃からタイムスリップしてやってきたんじゃないだろうか。
なんてSFなストーリーも妄想してしまい何度も聴いてしまいます。

巷のベストアルバム選考には不利な12月発売だけど
個人的には間違いなく2014-15ベストアルバムです。

―長瀬五郎 ( instant cytron / 室見川レコード ) 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

Sayoko-daisyさんは、近畿圏のようで実は中部圏の三重県におられるらしい宅録主婦。彼女の引き出しは多い。その引き出しは時空を超えてしまっているが、妙に世界観は繋がっていく。それを発見できた人は、Sayoko-daisy worldにはまっていく。僕もそんな一人になってしまった。

 

―四方宏明 ( All About テクノポップ ガイド) 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

霧の夜道、ヘッドライトに照らされ浮かび上がる無数の光の粒。『ノーマル・ポジション』を聞いて感じたのはそんなイメージです。今回収録された10曲は、多重録音で作られた硬質なテクノや、腕利きのミュージシャンと作られたポップスなど様々。さながら家の前の小さな道路や、澄んだ空気を抜けるハイウェイのようなそれらの道を、Sayoko-daisyさんの声が照らします。LEDというより、白熱灯のように輪郭のボヤけたその声は、進むべき道を真っ直ぐ指し示していますが、すぐに空気中に広がり消えていってしまいます。

パーソナルな表現と、詩的な表現を軽やかに行き来する歌詞は、捕まえようと手を伸ばすと逃げる猫のように、どうしようもなく魅力的で、その内容もポジティブであったのかネガティブであったのか一言では言い切れない複雑さを湛えています。

 

水分を含んだ空気に光が当たると、その一つ一つの粒が細かく動いているのが見えます。様々な方向に進む粒のように我々の心も揺れ動きますが、『ノーマル・ポジション』はそんな私たちのBGMに最適なのではないでしょうか。宅録/主婦という生活の中で感じる色んな思いが、この複雑な世界観を醸成している要因だとすると、個人的にはロマンチックに感じます。名盤をありがとございました。

 

ーオノマトペ大臣(会社員/ラッパー)

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ノーマル・ポジション

 

01. Normal Position

02. Strawberry Future

03. Warm Lights

04. 返事

05. ニアミス

06. SUBLIMINAL

07. Teach Your Beat

08. 回想列車

09. Sweet Secret

10. Chime!

 

LuvNyon/BAMBIPHONE RECORDS

BFRS-1

¥2000(+tax)

 

Sample
Guest musician's comment

ご参加くださったミュージシャンの皆さんからも、コメントをいただきました。

お三方とも、本当にありがとうございました!

(敬称略、順不同)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

思い出してみよう。。。中学生の時のとなりの列の後ろから2番目の女の子のこと。クラスで浮くでもなく沈むでもなく、なんとなく苗字しか知らない女の子。

彼女が何が好きで何に感動したか知らないままお互い卒業して、今はこの町に住んでるのかもわからない。

あれから何年経ったかわからないが人並みに僕も恋をして幸せを味わったし涙も味わった…

サービス残業を終えて1人の部屋に帰宅、缶チューハイとコンビニ弁当をお供に聴くでもないラジオのスイッチをひねる。部屋中に低く甘酸っぱい唄が流れてきた…

青春とまだ呼べない頃を思い出した。これから自分の進む道が明るいのか暗いのか不安な夜のこととか。

でもその唄声に、「そんな事考えても無駄よ…明日の事を心配するなら今が幸せな事に気づきなさい」って言われてる気がした。

思い出してきた、あのとなりの列の後ろから2番目の女の子。サヨコって名前だったな。。。

 

-バンヒロシ

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ギターレコーディング用のデモトラックが届いた時、録るのがちょっと怖いと思いました。
そして完成した音を聴いた時、この人はクレージーだと確信しました。


Hiroyuki Ito(Paisley Pheasant)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

時間と空間をまたいで世界中を旅しておうちに帰ってくるような。
でも核にあるのは、寂しいけど、どこか懐かしくて暖かい感じ。
素敵なアルバムです。少しギター弾かせていただきました。

 

堀田倫代(CRUNCH)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

© 2013 by Sayoko-daisy. Proudly made by Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now